日々是仮想化

日々是仮想化

仮想化技術に関する情報などなど・・・

MENU

VMwareイベント:Accelerate Your App and Cloud Transformation

          f:id:furuyamas:20210322100841p:plain

VMwareイベント:Accelerate Your App and Cloud Transformation 

                             (アプリケーションとクラウドの変革を加速する)

 

www.vmware.com

 

クラウドとアプリケーションの変革という題目のイベントが、下記日程で開催されます。日本4月1日は年度明け初日ということで結構忙しかったりするわけですが、45分という短い時間での開催なので、ながらでも参加してみてもいいかもしれません。VMware経営陣がスピーカーで、今後の展開についていい話が聞けるんじゃぁないかと。

 

Americas | March 31, 11:00 AM PDT
APJ | April 1, 11:30 AM SGT (SGTなので日本時間だと12:30からですね。)
EMEA | April 1, 11:00 AM CEST

 

 

未来はクラウドで決まる

・わずかな時間でアプリケーションを構築
・新しい機能は瞬時に追加される
・どのクラウドにも展開でき、アプリを最適なクラウドに迅速かつ容易に移行できる。
・すべてのアプリケーション、すべてのサービスが、クラウド間でシームレスにかつデータやアプリケーションを保護しながら動作する。

 

アプリの取り組みを阻害する課題

クラウド間での多様で互換性のないアーキテクチャ
・複数のクラウドにおける多様な運用とセキュリティの複雑さ
・専用のプラットフォーム、ツール、スキルを必要とする多様なアプリケーションタイプ
・新しい開発者のスキルとリソースへの要求

 

スピーカー

・Raghu Raghuram: Chief Operating Officer, Products and Services, VMware
・Craig McLuckie: Vice President of R&D, VMware
・Fidelma Russo: SVP/GM Cloud Services, VMware
・Kit Colbert: Vice President & CTO VMware Cloud Business Unit, VMware
・Joe Baguley: Vice President, CTO of EMEA, VMware
Mandy Priamo: Product Lead, Developer Enablement Program, VMware

vSAN 7 Update2の新機能

              f:id:furuyamas:20210310145214j:plain

3月9日にvSAN 7 Update 2のリリースが発表されました。

 

 

さて、まず初めに個人的な愚痴なんですけど、vSANに限らずHCI技術には少なからず思うところがあります。導入後のトラブルによる影響がHCI所以で大きくなってしまったり、想定よりもスループットがでなかったり・・・。

まだまだ発展途上な面がありますが、それでもvSANだけですでにワールドワイドで数万件の導入実績があり、NutanixやHPE、CISCO、NetAppなどなど主要なところだけでも各社HCI製品をリリースしており、今後も導入企業は増加していくものだと考えております。なかでも、vSANはvSphereを導入した企業には最適な製品であり、提案機会が非常に多いのも事実です。ゆえに、今後も継続的に進化していく責任があるのだと考えています。なにが言いたいかというと、より安定的で、より性能的で、より導入や運用が簡易的になることを期待したいということです。コスパに優れていて、可用性に優れ、期待した性能を発揮してくれる安心感がほしいのです。

と、まぁこれくらいにして・・・

 

vSAN 7 Update2では、拡張性の向上、パフォーマンスの向上など、ユーザーの様々なワークロードに対応できるアップデートが含まれています。

 

f:id:furuyamas:20210310150455j:plain

 

 

拡張性と性能の向上

パフォーマンスの最適化:

vSAN 7 Update 2では、RAID5 / 6のパフォーマンスとCPU効率が向上しました。これにより、アプリケーションのパフォーマンスを向上させ、I / OあたりのCPUコストを削減しながら、イレイジャーコーディングのスペース効率を高めることができます。追加のバッファ層のパフォーマンスの改善も行われました。

HCI Mesh:

HCI Meshでは、vSANクラスタがvSphereの計算専用クラスタ、またはHCIベースではないクラスタと容量を共有できるようになりました。また、推奨データ配置のストレージ ルールを指定して、互換性のあるデータストアを見つけることもできます。1 つのリモート vSAN データストアのスケーラビリティが 128 ホストに増加しました。

重要なポイントは、HCI MeshのコンピュートクラスタはvSANライセンスを必要としないことです。スケーラビリティも向上しており、リモートのvSANデータストアに接続できるホストの数は128台に増加しています。 HCI Meshに関連して最も興味深い機能の一つは、ストレージポリシーとの統合です。 ストレージポリシーを定義する際に、管理者は興味のあるデータサービスの種類(重複排除と圧縮、データアットレスト暗号化など)を定義することができます。

       f:id:furuyamas:20210310153624p:plain

 

vSAN File Service の機能強化:

vSAN File Service は、拡張クラスタ展開と 2 ノード クラスタをサポートするようになりました。スケーラビリティは、クラスタあたりのホスト数が 64 ホスト、共有数が 100 に増加しました。

拡張クラスタの機能強化:

拡張クラスタは、各サイトに最大20台のホストを含めることができるようになりました。拡張されたクラスタをDRSが認識することで、フェイルバック時のパフォーマンスがより一貫したものになります。

vSAN over RDMA:

vSAN over RDMA は、パフォーマンスを向上させ、VM の統合率を向上させます。

プラットフォームのパフォーマンスを向上:

プラットフォームのNUMAの認識を改善し、パフォーマンスの向上を実現します。

 

セキュリティ強化

vSphere Native Key Provider:

vSANは、組み込み暗号化のためにvSphere Native Key Providerをサポートしました。

vSAN ファイル サービスのデータ イン トランジット暗号化:

ファイル サービスのセキュリティ強化には、ファイル サービスが vSAN データ イン トランジット暗号化とともに有効になっている場合のデータ イン トランジット暗号化のサポートが含まれています。

Data-in-transit encryption for shared witness:

vSAN 7.0 Update 2では、 data-in-transit encryptionがサポートされています。

 

オペレーションの簡素化

  • vLCMは、Hitachi VantaraUCP-HCシステムとHitachiAdvanced Serverを選択する機能を拡張し、vLCMで動作するDell 14G、HPE10G、およびLenovoThinkAgileサーバーに追加します。
  • vLCMは、NSX-Tネットワークを備えたTanzuでvSphereを実行するクラスターをサポートするようになりました
  • 既存のホストからイメージを選択できるようにすることで、クラスターの作成が簡素化されました。

     f:id:furuyamas:20210310154209j:plain

vLCMの機能強化:

vLCMは、一部のDell EMC、HPE、およびLenovoサーバ​​ーの既存のサポートに加えて、一部のHitachi UCPHCサーバーのファームウェアアップデートをサポートするようになりました。vLCMは、NSX-Tネットワークで構成されたTanzuクラスターでvSphereを更新できます。さらに、スケーラビリティは、単一のvCenterServer内でvLCMによって管理される400のホストに増加します。

vSANの管理と監視の機能強化:

環境を分析し、問題の根本原因と修正方法を迅速に特定するために、追加のツールを利用できます。機能強化には、プロアクティブな容量管理、ネットワーク診断、パフォーマンスのトップコントリビューターへの洞察、およびヘルスチェック履歴が含まれます。


計画外の障害処理:

vSAN 7.0 Update 2には、障害時に追加の耐久性コンポーネントを作成することにより、計画外のホスト、ディスク、またはネットワークの障害に耐える拡張データ耐久性が含まれています。

ホストで計画外の障害が発生した場合、vSAN 7 Update 2 は、アクティブなオブジェクトレプリカを保持している他のホストに加えて、すべての増分更新を別のホストに直ちに書き込みます。これにより、アクティブなオブジェクト・レプリカを保持している他のホストで追加の障害が発生した場合でも、変更されたデータの耐久性を確保することができます。 これは、vSAN 7 Update 1で最初に導入された、計画的なメンテナンスイベントにこの技術を使用した機能をベースにしています。 これらのデータ耐久性の改善には、データが古いオブジェクトに再同期される時間が改善されるという追加の利点もあります。

ファイルサービスのスナップショット:

vSAN 7.0 Update 2は、スナップショットサポートとAPIを使用してファイル共有のバックアップを簡素化し、バックアップおよびリカバリソフトウェアベンダーがvSANファイルサービスと統合できるようにします。
vSphere ProactiveHAのサポート:

vSANは、ハードウェアの問題を検出し、ホストをメンテナンスモードにするためのプロアクティブな手順を実行できるプロアクティブなHAをサポートするようになりました。

VMFS6ファイルシステムのサポート:

オブジェクト形式のバージョンが14の場合、vSANデータストアに新しく作成されたVMは、VM名前空間オブジェクトにVMFS6ファイルシステムを持ちます。VMでSEsparseスナップショットを使用できます。

効率的なVMDKの移動:

vSphere Datastore Browser UIまたはAPI(VirtualDiskManager.moveVirtualDisk)を使用して同じvSANデータストア上の2つのディレクトリ間でVMDKを移動すると、VMDK記述子ファイルとオブジェクトメタデータのみが更新されます。この操作は、VMDKバッキングvSANオブジェクトデータがコピーされないため、より高速です。

 

主な点は以上となります。

 

vExpert 2021

       f:id:furuyamas:20210217132130p:plain

2021年2月12日未明(米国時間2月11日)に、vExpert2021が発表されました。

今年も無選出いただくことができました。

 

blogs.vmware.com

 

2020年はまさに世界中コロナ渦一色で、社会的にも経済的にも激動の1年でした。

例年であれば、各イベントやセミナーで登壇させていただく機会も多かったのですが、

昨年はまさにオンラインのみの活動でした。

そんな非常に特異な年の活動を評価いただき、選出されたことは本当に光栄です。

2021年も継続してパンデミックな状況にあり、これまで以上にIT分野の進化が求められるものだと考えています。IT業界の一員として少しでも役に立てるよう、努力していきたいと思います。